July 26, 2021

ライブ会場のエンジニアによる耳栓レビュー!耳鳴りを防ぐEarPeaceの使い心地

ライブ会場のエンジニアによる耳栓レビュー!耳鳴りを防ぐEarPeaceの使い心地

 聴覚を守るために〜クリアで上質なサウンド、快適で会話もできる耳栓EarPeace

 こんにちは!本日もおつかれさまです。

イアーピースの耳栓に興味を持ってくださった方々へ、今回は、音楽の現場で使用されている方のレビューをご紹介します。

アメリカで、ライブ会場のエンジニアとして活躍するスペンサー氏に伺いました。

どうぞご覧ください!(注:パンデミック以前のインタビューです。)

 それでは、どうぞご覧ください!

 (注:パンデミック以前のインタビューとなります。)

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

「私は、コンサートが大好きで、音楽を心から愛しています。客席側に設置されるブースでオペレーションをするオーディオエンジニアであり、その他モニターやポストプロダクション、スタジオレコーディングや付随するあらゆる仕事に従事してきました。

これまでに、ヴァン・ヘイレン(Van Halen)、オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)、ナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)、トゥール(Tool)、ラムシュタイン(RAMMSTEIN)、スタティック-X(Static-X)、ミニストリー(Ministry)、イーグルス(Eagles)などのコンサートにも携わってきました。

現在のポジションでは、会場とイベントの規模を変えながら、少なくとも週2回のライブを行っています。内容は、全国のDJや地元のカバーバンド、私たちの主催するイベントなど多岐に渡ります。

そんなある時、ライブを終えて3日経っても鳴り止まない耳鳴りをきっかけに、こうしたライブの場を離れることになりました。オーディオエンジニアリングの学位を取得し、日常生活のなかで聴覚を維持することの重要性を理解したのです。耳鳴りは、私たちの最大の敵です。

素晴らしくドラマティックなコンサートに行った後で、耳鳴りがずっと聞こえている時、実際には何が起きているのでしょうか。実はこの時、内耳で聞こえる高周波が死にかけているのです。残念ながら、そうなるとこの高周波は二度と戻らないため、ショーを最大限に楽しみながらも、聴覚を保護することが、非常に重要です。

このような耳鳴りに備え、EarPeaceの耳栓は、聴覚をしっかりと保護してくれます。もちろん、他の耳栓もたくさんあります。薬局チェーンのウォルグリーンでは、すっかり何も聞こえなくなる航空機用の耳栓すら手に入りますし、700ドルほどあれば、カスタムメイドの耳栓も入手可能です。

EarPeaceは、手頃な価格であり、コンサートを最大限に楽しみたい方々にぜひお勧めです。

 

 

昨夜のライブでは、EarPeace MUSICをテストすることにしました。

赤い-14dBフィルター(※14デシベル減らすことができる)は、簡単に耳に装着できます。耳に入れてすぐに気がついたのは、どれほど快適かということでした。以前の耳栓に対する不満の1つは、保護してくれる代わりに快適さが犠牲になることだったので。

でも、EarPeaceの耳栓は、そうではないことに驚きました。とても柔らかくて、2つの羽が耳に優しく寄り添うようです。夜中に付けていても耳が疲れたと感じたり、耳栓が入っているのを意識することもありませんでした。

耳栓をテストする方法として、ガムを噛むか、あくびをしてみることをお勧めしす。動きによって圧力が異なるとき、耳栓を再度装着し直すか、少し場所を変えることになるのですが、 EarPeaceは内耳を快適にグリップするため、一旦適切な位置にセットされると、動きません。

「これは素晴らしい!!」

次に気が付いたのは、音の明瞭さです。決して誇張ではなくて…バンドの演奏を、群衆のざわめきから簡単に切り離して聞くことができ、近くにいる人と会話を続け、内容も正確に理解できて非常に印象的です。

耳栓を通して聞こえるのは非常にクリアなサウンドであり、周波数をブロックするのではなく、通過させるように設計されていることに驚きます!聞こえている音をミュートすることではなく、サウンドを提供しながら快適なレベルまで減衰させることを実現させています。結果、EeaPeaceは、大成功を収めています。

過去数週間における6回のショーで、EarPeaceを使用する機会があり、とても気に入っています。仕事のときには、フィルターの-14dBを使用するか、ミキシングした後に、-11dBに落としたりしています。それでも、サウンドの明瞭さは、本当に十分素晴らしいのです。(※3種のフィルターがあり付け替えることができます。)

EarPeaceのすべての側面に、非常に大きな感銘を受けています。ライブコンサートを楽しみながらも聴力を大切にしたい方や、騒音のある環境下で聴覚を危険にさらす仕事をしている方々にぜひお勧めします。

EarPeaceは、手頃な価格であり、付け心地は快適で、商品説明のとおりに聴覚を保護してくれます。装着しているからといって、音楽の体験が妨げられたりすることはありません。

装着することで楽に作業ができますし、重要な周波数を分離し区別することができるので、読唇術なしに隣の人が話していることを理解できます。

唯一、デメリットとなるようなことがあるとしたら、耳栓が小さく柔らかいために、休憩中に取り出す時に幾分困ったかなということくらい。耳栓を引っ張り出せるように、小さなシリコンの「タブ」があるのですが、かなりの伸縮性があって、たまにそれを掴むことができませんでした。緩めるには一旦押し込む必要がありましたが、耳への損傷は何らありませんでした。

もっともそれも非常に些末なことで、耳を保護をしてくれることとは引き換えにできません。元の形状に戻るフォーム型の耳栓とは異なりますので、耳に詰め込まないよう注意してください。

それでは、仕事をずっとずっと楽にしてくれてありがとうEarPeace !! 」

スペンサー・W、FOHオーディオエンジニア

ピナクルエンターテインメント

快適な付け心地、音楽用耳栓 EarPeace MUSIC はこちらです! 

 

関連記事

ドラム歴45年!岡山県最大級のドラムスクール代表兼ミュージシャンの清藤羚之さんより寄稿いただきました!

〜ミュージシャンによる騒音性難聴と耳栓使用の実体験〜 の記事は、ご自身の音楽活動と主に岡山県最大のドラムスクール「ホッとハーツ」を運営されている清藤羚之(きよふじりょうじ)さんに、現在の騒音性難聴について寄稿いただきました!

Read more
有名シェフで作家のアンソニー・ボーディンからクリエイターが学べること

〜旅を通して世界にインスピレーションを与えたカリスマシェフ〜 世界中で愛されたシェフで作家、旅行家のアンソニー・ボーディンが自ら命を絶ってからはや4年が経ちました。 今なお時に人生を変えるほどの大きなインスピレーションを人々に与え続けるトニーは、音楽、ビジュアルアート、オートバイの愛好家でもありました。 今回は、シェフで作家という肩書を超えて活躍の場を広げていく様子を振り返りながら、どんなことを学べるかについて考えてみました。 元々マンハッタンの高級レストランのシェフとして厨房を切り盛りしていたトニーは、2000年、43歳の時にベストセラーとなる回顧録『キッチン・コンフィデンシャル』を出版しました。 それまでに既に2つの小説を出版していましたが、『キッチン・コンフィデンシャル』は瞬く間にベストセラー化し、テレビ番組で活躍するようになりました。 けれども、それは名声への階段を駆け上がる序章にすぎませんでした。 テレビ番組に初登場したのは、2002年にFood Networkで放送された「A Cook's Tour」。日本、カンボジア、ベトナムといったエキゾティックな土地の食のエピソードで幕を開け、カラフルな料理、会話などが刺激的に描かれ人気を博しました。 カリスマ性のあるフォトジェニックなシェフが、遠く離れた場所を訪れては、様々な料理を食するという番組では、ショッキングな食べ物も数々紹介されました。 例えば... シリーズ第3話では、ホーチミンの市場で孵化前の雛ごと茹でた卵を食べました。感想は、また食べようとは思わないけれど、悪くはないというもの。同じ回の後半では、今さっきまで生きていたコブラの未だ脈打つ心臓を飲み込み、血や胆汁、皮膚などフルコースを味わいました。トニーがシェフや作家としてだけでなく、テレビに映し出される旅人という新しい役割に慣れていくにつれ存在感は増してゆき、食だけでなく多くのことが語られるようになりました。 「ノー・リザベーションズ」や「レイオーバー」といった旅行番組に出演したり、ウイスキー会社「ザ・バルヴェニー」をスポンサーに、世界中の一流の職人を訪ねる「Raw...

Read more
ロックバンド「SABLE HILLS」×EarPeaceコラボ企画!ドラマーKeitaさんより寄稿いただきました!

〜騒音性難聴の経験から耳を保護する重要性を語るKeitaさん〜 今回の記事は、国内外で活躍されているロックバンド「SABLE HILLS」のドラマー、Keitaさんに寄稿いただきました!

Read more