ドラム歴45年!岡山県最大級のドラムスクール代表兼ミュージシャンの清藤羚之さんより寄稿いただきました!

〜ミュージシャンによる騒音性難聴と耳栓使用の実体験〜 の記事は、ご自身の音楽活動と主に岡山県最大のドラムスクール「ホッとハーツ」を運営されている清藤羚之(きよふじりょうじ)さんに、現在の騒音性難聴について寄稿いただきました!

Read more
有名シェフで作家のアンソニー・ボーディンからクリエイターが学べること

〜旅を通して世界にインスピレーションを与えたカリスマシェフ〜 世界中で愛されたシェフで作家、旅行家のアンソニー・ボーディンが自ら命を絶ってからはや4年が経ちました。 今なお時に人生を変えるほどの大きなインスピレーションを人々に与え続けるトニーは、音楽、ビジュアルアート、オートバイの愛好家でもありました。 今回は、シェフで作家という肩書を超えて活躍の場を広げていく様子を振り返りながら、どんなことを学べるかについて考えてみました。 元々マンハッタンの高級レストランのシェフとして厨房を切り盛りしていたトニーは、2000年、43歳の時にベストセラーとなる回顧録『キッチン・コンフィデンシャル』を出版しました。 それまでに既に2つの小説を出版していましたが、『キッチン・コンフィデンシャル』は瞬く間にベストセラー化し、テレビ番組で活躍するようになりました。 けれども、それは名声への階段を駆け上がる序章にすぎませんでした。 テレビ番組に初登場したのは、2002年にFood Networkで放送された「A Cook's Tour」。日本、カンボジア、ベトナムといったエキゾティックな土地の食のエピソードで幕を開け、カラフルな料理、会話などが刺激的に描かれ人気を博しました。 カリスマ性のあるフォトジェニックなシェフが、遠く離れた場所を訪れては、様々な料理を食するという番組では、ショッキングな食べ物も数々紹介されました。 例えば... シリーズ第3話では、ホーチミンの市場で孵化前の雛ごと茹でた卵を食べました。感想は、また食べようとは思わないけれど、悪くはないというもの。同じ回の後半では、今さっきまで生きていたコブラの未だ脈打つ心臓を飲み込み、血や胆汁、皮膚などフルコースを味わいました。トニーがシェフや作家としてだけでなく、テレビに映し出される旅人という新しい役割に慣れていくにつれ存在感は増してゆき、食だけでなく多くのことが語られるようになりました。 「ノー・リザベーションズ」や「レイオーバー」といった旅行番組に出演したり、ウイスキー会社「ザ・バルヴェニー」をスポンサーに、世界中の一流の職人を訪ねる「Raw...

Read more
EarPeaceSLEEP睡眠用耳栓ご愛用の方へインタビュー!〜介護生活の中で〜

介護のストレスの中、以前より良く眠れるようになりました! 最近、益々好評を得ているEarPeace睡眠用耳栓です。 こちらは音をすべて遮断するための耳栓ではなく、赤ちゃんの声など必要な生活音は聞こえるところが特徴です。

Read more
「サウナで耳栓はいかが?」東名厚木健康センター体験レポート!

流行りのサウナグッズに耳栓を〜自分だけのスペシャル空間に!   近年、サウナがとても流行っています。全国各地へ良質なサウナを巡って行脚する猛者たちもたくさんいるとのことです。

Read more
『究極の耳鳴りガイド』原因や種類、上手に付き合っていくための方法

生活の様々な場面に影響を与える耳鳴り〜正しい知識を備え、上手に付き合っていきましょう!   目次 1.はじめに 2.耳鳴りとは何か? 3.耳鳴りの原因 4.耳鳴りの種類 5.いつ診察を受けたらよいか? 6.耳鳴りの対処方法 7.まとめ

Read more
ロックバンド「SABLE HILLS」×EarPeaceコラボ企画!ドラマーKeitaさんより寄稿いただきました!

〜騒音性難聴の経験から耳を保護する重要性を語るKeitaさん〜 今回の記事は、国内外で活躍されているロックバンド「SABLE HILLS」のドラマー、Keitaさんに寄稿いただきました!

Read more
ホンダレーシングスクール受講生へ耳栓を寄贈!ライダーを目指す若者たちへ〜

若いライダーたちの耳を守る〜欧州で活躍中!ライダーの渥美心さんとともに こんにちは!本日もおつかれさまです。 この度、昨年より応援しているプロレーシングライダーの渥美心さんと共に、鈴鹿サーキット内にある渥美さんの出身校、ホンダレーシングスクール(HRS)MotoおよびKartの受講生の方々へ、EarPeace耳栓を寄付させていただきました。

Read more
EarPeace コミュニティ参加方法

知っていますか? WHOが2020年に公開したファクトシートによると、2050年までに9億人以上の人々が、日常生活に支障をきたすほどの聴覚障害を抱えることになると推測されています。 特に大音量に長時間晒されることで、11億人の若者たちが聴覚障がいのリスクを持っているとされます。また、騒音性難聴は、現在も明確な治療方法のない難病として知られています。

Read more