August 07, 2021

ライダーたちへ!身につけるべきギアについて:どんな時も安全装備を!

ライダーたちへ!身につけるべきギアについて:どんな時も安全装備を!

〜短い距離であっても適切なギアを身につける必要性〜

こんにちは!本日もおつかれさまです。

All The Gear All The Time (ATGATT)どんな時も全てのギアを!!

今回は、どれほど経験豊富で自信があったとしても、全てのライダーが持つべき精神について。どのようなギアを身につける必要があり、それによってどのように守られるのかを、確認していきましょう!

【何を身につけるべきか】

 ライダーの安全のための組織においては、ほとんどの場合、できればバイク用の頑丈なズボンとライディングジャケット、安全基準を満たしているヘルメット(フルフェイスが最適)、転倒時に脱げることのない足首まで覆う頑丈なブーツと、グローブを着用する必要があると述べています。

 それでは、それぞれのギアについて、考慮すべきことを一つ一つ見ていきましょう。 

・ズボン

ジーンズはカッコいいですが、摩耗に弱く約1秒で避けてしまい、皮膚は熱と摩擦に晒されます。クラッシュした時に、たいていは足やお尻の一部が路面に触れるので、摩耗に強く裂けにくい、強靭なバイク専用の服を着ることが大切です。そして、膝と腰にはCE規格のアーマーが必要です。CEマークなどの安全規格は、衝突時に、その材料、設計や構造によって、身体がある程度保護されることを保証するものです。

・ブーツ

スニーカーや足首の出るシューズに比べれば、簡単に脱げないようなブーツであれば、どのようなものでも優れていると言えます。ただし、ブーツでも脱げてしまった場合には、ソックスを履いただけの足で、足元の衝撃や摩擦のエネルギーを受け止めることになります。

・グローブ

安価な革製の作業用手袋であったとしても、どのようなグローブでも着用しないよりはマシです。バイク用グローブは優れているので、衝突時にも脱げることがなく、摩耗に抵抗し、ある程度の衝撃からも保護してくれるでしょう。また、様々なライディングのスタイルに適した機能を備えています。

・ジャケット

最新のバイク用ジャケットは、耐衝撃性、耐摩耗性、温度適応性という3つの重要な機能を備えています。現代のデザインは、革製品よりもはるかにリーズナブルな価格で、同様の耐摩耗性を提供し、丈夫で洗える防水性のテキスタイルを使用しています。また、革製の既製品に比べて軽量でフィット感があり、通常はジッパー式の通気孔を備え、その下に絶縁性の衣服を重ね着するのに十分なスペースもあります。それから、ポケットですが、これが多すぎると物を紛失しやすくなるでしょう。

・耳栓

品質の優れた耳栓は、周囲の音やヘルメット内の通信など、警戒を怠らないために聞く必要のある音を消すことなく、風切音を低減してくれます。運転のスリルを犠牲にすることなく、より安全に運転することが可能です。適切な耳栓は、ライドをさらに快適なものにしてくれるため、長距離走行などの安全のためにも、非常に良いです。

・ヘルメット

こちらは、もはや説明不要と思われます。

【いつ身につければ良いか】

 いつでもです!スクーターでちょっとそこまで出かけるのでも、時速40kmで街の外へ出るのでも。どれだけ長く走るか、距離は関係なく、衝突の可能性に影響を与えません。実際に、家に近づくほど衝突する可能性は高くなります。

今日クラッシュすることがあらかじめ分かっていたら、バイクに乗る人はいないでしょう。いつでも、事故は予想外の出来事であり、そこからどれほどの悪影響を被るか分からないのです。

 例えば、ジーンズ(アスファルトの上で紙のように裂ける)に革製のジャケットを着用している場合、衝突時には、なんとか下半身が地面に触れないようにする必要があります。

 グローブがない場合は、地面に着く前に、手を脇の下に入れることを絶対に忘れないでください。

 重要なことは、いつ何が起こるか分からないということです。適切なバイク用のギアを全てきちんと身に付けるということは、スライディングや回転、空中を飛んだり、物に衝突したりするなど、様々なクラッシュのシナリオに前もって備えることを意味します。

 いつ何が起こるか分かりません。このことに対して備えることが重要です。

 

以上です。リスクを念頭において、たとえバイクで近所へ出かけるのにも、常にフル装備を心がけることが、大切なのですね。

いざという時に、我が身を守ることができるよう、こうした適切とされている習慣を、ぜひとも身に着けたいですね!

 それではまた!今日も安全なライドを!

 

優れたバイク用耳栓はこちら〜EarPeace MOTO

 

 

 

関連記事

ホンダレーシングスクール受講生へ耳栓を寄贈!ライダーを目指す若者たちへ〜

若いライダーたちの耳を守る〜欧州で活躍中!ライダーの渥美心さんとともに こんにちは!本日もおつかれさまです。 この度、昨年より応援しているプロレーシングライダーの渥美心さんと共に、鈴鹿サーキット内にある渥美さんの出身校、ホンダレーシングスクール(HRS)MotoおよびKartの受講生の方々へ、EarPeace耳栓を寄付させていただきました。

Read more
EarPeace コミュニティ参加方法

  知っていますか? WHOが2020年に公開したファクトシートによると、2050年までに9億人以上の人々が、日常生活に支障をきたすほどの聴覚障害を抱えることになると推測されています。 特に大音量に長時間晒されることで、11億人の若者たちが聴覚障がいのリスクを持っているとされます。また、騒音性難聴は、現在も明確な治療方法のない難病として知られています。 EarPeace は社会問題の解決に取り組むグッドカンパニーです! WHOが警鐘を鳴らす大音量による騒音性難聴を予防するため、音楽、モータースポーツ、DIYなどの大音量に晒される危険性の高い方々へ、高品質の耳栓を開発し製造販売しています。医療機関、アーティストとも連携しながら難聴予防に取り組んでいます。 収入を得ながら社会問題を一緒に解決しませんか? 大好きな趣味や仕事を末永く楽しめる人々が増えることで、健康で明るく平和な社会を築いていけます。EarPeaceと一緒に社会問題を解決していきましょう! *コミュニティ参加には事前審査がございますことをご了承ください。 コミュニティメンバーのための豆知識 − 難聴について(入門編) − Read more

インド、辺境のラダック地方をバイクでひた走る!ヌブラ渓谷への道

シルクロード、カルドゥン・ラ峠を越えて〜親切な地元の人たちとの出会い   こんにちは。本日もおつかれさまです。 通常なかなか足を踏み入れることのない、遥かな大地を駆け抜ける旅シリーズ第2回です。

Read more